Blackfin HUNTER

趣味のブログです。とにかくいろいろなことを書いていきますのでよろしくお願いします。

Xbandを修理してみた!

どうもです!

相変わらずの不定期更新失礼します!

年末年始から今までひたすら釣りに行きまくってたのですが、釣果をブログに書くのはあまり好きではないので、結果ブログを更新しないという事になってしまってました汗

久しぶりの更新も釣果ブログではありませんが、Xbandを使用されている方には参考になると思い書いてみます。

まぁ自分みたいに常に金欠病じゃなかったらメーカーに修理依頼を出して修理を依頼するのが得策だと思いますが、どうしても試してみたかったので、今回は自分で修理してみました!

 

という事で自分の一年半使ったXbandがコチラ!↓↓↓

f:id:becobego:20210421233134j:image

まぁまぁいい感じに傷だらけになっています汗

ヒラスズキを狙って磯をランガンしてるので岩にぶつけたりしてるとこんなことになってしまいます。

そして年末、11キロのブリを掴んで記念撮影をしたらクロウ部分が曲がってしまいました汗

なんとかまっすぐにして使ってたのですが、こういう不備のある道具を使ってる時に釣れる記録魚!

82センチの真鯛を釣り上げたの時なんかフィッシュグリップで掴んでもポロリしまくりで、結局リーダーを掴んで持ち上げたらリーダー切れるわ!魚逃がしそうになるわでてんやわんやしてしまいました!!

Xbandはアルミ製なので一回曲がってしまうと曲がったところが弱くなってしまいやはり使い物にならなくなります!

せめてクロウ部だけでもステンレス製だったらもう少し安心して使えるのですが…

結局、下の写真の様にクロウ部の先がうまくかみ合ってないのでポロリ連発で魚をぶり上げる事が多くなってしまいました汗

f:id:becobego:20210421233249j:image

メーカーに修理依頼したらしばらく時間とまぁまぁな金がかかると言われるし、その間釣りを我慢できるのか?といったら我慢できません!

代わりのフィッシュグリップを持っていればいいのですが常に金欠病の自分には一個持ちがせいぜいです!

という事で、自分で修理してみることにしました!

今回、やったのは修理とは名ばかりのやり方でです!

用意したのは密林で見つけたバッタモン

ユーザーレビューを見るとメーカーの検品落ちだとか書いてあります!

が、たぶん隣国のコピー商品です!1

見た目は全く同じものなので部品取りには丁度いいかなと思い購入!

f:id:becobego:20210421233209j:image

並べてみてもほぼほぼおなじです!

じゃあ、新しく購入した方を使えば良いやん!と思いますが、そこはどうしてもオリジナルを使いたい!

長年使ってきた愛着もありますしね!

とにかく分解!

中身の比較がコチラ!

内部構造はほぼほぼ同じ!

ピンの長さや太さが違うのがあったりしますが、部品の流用は出来そうです!

とりあえずクロウ部分の部品を取り換えてみます!

上の固定された方のクロウは何の問題もなく取り付けれました!

しかし、下の稼働するクロウは軸のピンの長さが長く、気づかずに取り付けたらボディがうまく閉まらない(-_-;)

ピンを削ろうかとも考えましたが下のクロウは曲がってないのでそのままオリジナルのを取り付けました。

f:id:becobego:20210421233218j:image

 

出来上がったのがコチラ!

写真上の方が完成品です!

とりあえずは形になりましたw

まだ、魚をつかんでいませんが先端もしっかり合っているので、むちゃな使い方をしない限り問題はないのかなと思います!

f:id:becobego:20210421233312j:image

しばらくはこれで我慢しつつ、OG2920HDを次のボーナスで購入しようかと思ってますw