Blackfin HUNTER

World Tripper の趣味のブログです。釣り,食べ歩き,時々波乗りのことを書いていきます!

自作ルアーを削ってみる(重心移動式リップレスミノー)001

今までいろんなルアーを使って魚釣りをしてきましたが、ついに禁断の世界に手を出してしまいました(笑)

自分の作ったルアーで魚が釣りたい!

ルアーフィッシングを長年やっている人なら一度は考えることだと思います。

自分の作ったルアーで魚を釣る。まさに夢のような話です。

前回fimoのブログに乗っけたプラグは完成したんですが、いかんせん釣りに行けてない。

テストでブラックバスのいる池で投げてみたのですが、ちゃんとアクションをしているのを確認したので、魚を釣り上げることなく終了!

やっぱり一匹目はソルトで入魂したいですもんね!

ただ、釣りには行けないので、第二号自作ルアーの制作に着手しました。

前回は桐で作ったのですが、やはりバルサ材に比べると削り辛い。

強度は上がるので桐で作った方が良いとは思ったのですが、今回はちょいと重心移動を入れてみたかったのでバルサ材を選択してみました。

ヒラスズキを釣る時に自分が一番よく使うのがミノーです。

その中でもよく使うのがリップレスタイプ!

ということで、今回は重心移動式のリップレスミノーを作ってみたいと思います。

自分の頭の中では完璧に作れているのですが、はたしてうまく作ることが出来るのでしょうか?

 

準備するもの

今回は、リップレスミノーを制作します。

しかも、重心移動システムを組み込みます。

ルアー本体

バルサ材 5mm×1 4mm×1

ステンレス線 1.2mm×1

噛みつぶしおもり 1号3.75グラム×1

重心移動システム

プラパイプ 7.9mm×1

プラ版 1mm×1

ネオジウム磁石 8mm×1mm×1

ルアーパッケージのプラスティック×1

塗装・コーティング

アルミテープ×1

模型用スプレー×2

サーフェーサー×1

ウレタンコーティング×1

工具・消耗品

カッターナイフ・切り出し刀・サンドペーパー各種・プライヤー各種

 まとめ

制作過程を紹介していきたかったのですが、内容が長くなりそうなので本日は準備するものの紹介で終了です。

次回はいよいよ制作に入っていきます。

難しいと思われがちなハンドメイドを出来るだけ簡単に出来るように紹介していきます。