Blackfin HUNTER

趣味のブログです。とにかくいろいろなことを書いていきますのでよろしくお願いします。

スパイク修理

どうもです!

先日、磯にエントリーしたらやけにスパイクシューズが滑るので集中して釣りが出来ずボウズを喰らってしまいました。

というのは嘘で自分のヘボヘボフッキングでアタリはあるものの一本も釣り上げれませんでした(-_-;)

スパイクシューズがやたらと滑るのは本当で、買って一年も経ってないシューズの裏を見るとピンがほぼない状態!

これではまともな釣りが出来ないので買い替えるか悩んだのですが、貧乏釣り師のオイラには年に何足も靴を買う余裕が無いのでダメもとで修理してみます!

もともと安いシューズなのですが磯歩きの距離が一日10キロとか歩くと見た目よりソールのダメージが半端ないです!

f:id:becobego:20210125092540j:image


f:id:becobego:20210125092507j:image

まずはホントに修理できるのか?をネットで検索!!

ちょいちょいそれらしい記事を見かけるのですが、開いてみるとフェルトソールの張替えがほとんど…

まぁ普通に考えてスパイクのピンが消耗したからといってピンを修理しようなんて貧乏人はほとんどおらんと思います。

たまに出てくるのは六角フランジタッピングを打ち込むというもの

これなら簡単と思い、ホームセンターに行くもお目当てのネジが売ってない!

密林で探してみるとスパイク修理用というのは倍以上の値段がつけてある!

そんなの買いたくないので密林でスパイクビス、タングステンと検索して出てきたのが下の商品!オートパーツセンターというメーカーのスパイクピン!


f:id:becobego:20210125092534j:image

50本で2,980円!

ちょっと割高になってしまいましたが、そこはタングステン!強度に期待しましょう!

どこに打ち込めばいいのかわからんので踏ん張るときに力が入るような場所に打ち込んでいきます。

とりあえずつま先側に6本


f:id:becobego:20210125092513j:image

 

かかと側に4本打ち込んでみました。
f:id:becobego:20210125092455j:image

このネジ車のスパイクタイヤ用のビスなのですが、ソール側に入り込むビスの長さが短い!

ホントにこの長さで抜けないんやろか?と心配になってしまいます。

そこで思いついたのが、フロッグ用のシーリング材!


f:id:becobego:20210125092447j:image

これを打ち込んだピンの周りにたっぷりと塗り込みますw(ほんとに効果があるかは謎です!

f:id:becobego:20210125092529j:image

 

そして一晩じっくり乾かして完成したのがコチラ!↓↓↓


f:id:becobego:20210125092547j:image

けっこうしっかり固定出来ました!

後は現場で実際に履いて試してみるしかありませんw

これで今シーズン乗り切れればいいのですが…

しばらくは休みと時化のタイミングが合わないので、後日使用感など追記します。

 

追記

なかなかスパイクシューズを必要とする磯にエントリーする事がなく使用感を書けませんでしたが、昨日使用したので、参考にでも!

そんなに歩かないようなお手軽な磯だと、普通に使用できると思いますが、自分のように何キロも磯歩きする人間にはオススメしません!

ゴロタを歩くたびに滑るし、何度か転びながらなんとか無事に帰ってきました。

もっと深く打ち込むビスだともう少し耐えれると思いますが、耐久性はないのでやはり買い替えて安全なブーツで安全な釣行をしてください!